コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス
株式会社コペルは、企業理念を実現すると同時に、顧客をはじめ全てのステークホルダーの価値創造に資する経営を行うことが重要であると考えています。会社の持続的な成長を実現するため、公正で透明性の高い事業運営、経営環境の変化に迅速に対応する仕組みの構築を目指しています。

社会コンプライアンス
株式会社コペルは、社会コンプライアンス遵守を経営基本方針とし、全ての役員および従業員に対して、法令、条例、規則等の遵守および高い倫理に基づいた行動を働きかけ、誠実かつ公正な経営および業務の遂行に努めています。

  1. 適用範囲
    当社の事業・業務(以下、サービスという。)の用に供している個人・法人情報すべて
  2. 当社が実施している主たる事業・業務
    1. 自然・再生可能エネルギー 開発事業
    2. コンサルティング事業
    3. エクスペディション事業

個人情報保護方針
株式会社コペル(以下、「当社」という。)は、新しい価値を創造する会社として、お客様(お取引先を含む)および従業者の個人情報を取扱い、事業を実施・継続しております。「お客様および従業者の個人情報を適正に取扱うこと」が、当社の重要な社会的責任であると認識し、個人情報保護方針を定めました。本方針を全従業者に周知し、遵守の徹底を図り、個人情報の適正な取扱いに努めてまいります。また、特定個人情報(個人番号をその内容に含む個人情報)についても、この個人情報保護方針の対象とします。

  1. 個人情報保護目的
    この方針に基づき、関係する会社(お取引先を含む)において、個人情報保護要求事項並びにリスクアセスメントおよびリスク対応の結果を考慮してこの目的を伝達し計画的にその達成に努めます。
  2. リスクマネジメント
    当社サービスの用に供している個人情報を特定し、個人情報保護リスクから保護し、安全かつ確実・適正に取り扱います。また、個人情報に対する不正アクセス、盗難、不正な持ち出し等による紛失、破壊、改ざん、漏えい、滅失またはき損、関連する法令に対する違反、経済的な信用の失墜、本人への影響の防止、是正および予防措置に努めます。
  3. 目的外利用
    当社は、当社のサービスにおいて特定された利用目的の達成に必要な範囲でお客様および従業者の個人情報を適切に取得、利用および提供します。このために社内管理体制を強化し、社内規程を策定、周知、徹底する等、目的外利用を行わないための適切な措置を講じます。
  4. コンプライアンス(個人)
    当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針およびその他の関連する規範(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律及び特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインを含む)、個人情報保護に関連する適用されるその他の要求事項および当社サービスに関連する法令規範等の要求事項、お客様および外部関係機関等との契約に含まれる要求事項、自主管理基準を、遵守し、これを常に最新状態に維持、管理します。
  5. 個人情報保護体制
    当社は、個人情報に関する責任者として個人情報保護管理者を任命し、個人情報保護マネジメントシステムの円滑な推進、運用を図るために個人情報保護推進体制を構築します。
  6. 苦情相談
    当社は、個人情報および特定個人情報の苦情および相談に対して、体制を整備し、迅速かつ適切な対応をします。
  7. 教育・訓練
    当社は、個人情報保護のために必要な教育・訓練を定期的に実施し、個人情報保護に関する知識の向上および個人情報保護に対する意識の向上を図ります。
  8. 継続的改善
    当社は、本方針が遵守されていることを確実にするため、個人情報保護マネジメントシステムの実施状況を監視・測定・分析・評価及び監査、是正を実施し、継続的な改善に努めます。

リスク管理
① リスク管理への基本的な考え方
当社の事業計画および業務運営の円滑な進展のため、発生する可能性のあるリスクの未然防止に関して、管理体制を構築し、対応・抑止に努めています。
② リスクの評価手順
当社の事業計画および業務運営を阻害する外部的および内部的要因をリスクとし、下記の手順に従い評価を行います。
当社の事業計画および業務運営を阻害する可能性のある事象を把握し、定義、特定する。定義、特定されたリスクがどのような段階で存在するかを識別する。
識別したリスクを、全社的なリスクと業務プロセスにおけるリスクか、過去に生じたリスクと未経験のリスクか等の観点から分類する。
識別・分類したリスクについて、当該リスクが生じる可能性およびリスクがもたらす影響の大きさを分析する。
当該リスクの重要性を見積もり、見積もったリスクの重要性に照らして、対応策を講じるべきリスクかどうかを評価する。
リスクの評価を受けて、当該リスクへの適切に対応を選択する。リスクへの対応にあたっては、評価されたリスクについて、その回避、低減、移転または受容等、適切な対応を選択する。

反社会的勢力に対する基本方針
株式会社コペル(以下「当社」といいます。)は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止するため次の基本方針で取り組みます。

  1. 当社は、反社会的勢力との関係を一切持ちません。
  2. 当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。
  3. 当社は、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。
  4. 当社は、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
  5. 当社は、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。

制定年月日 : 2019年2月6日
最終改訂日 : 2020年1月1日
代表取締役 中山寛樹

株式会社コペル